DEV BLOG 7戦目:リングエディットの追加!

ファイプロファンの皆さんお久しぶりです、デーブ・Kです。今回は待望の新要素であるリングエディットについてお知らせ致します!

「クリエイトモード>リングエディット」から、リングマット・垂れ幕・コーナーマット・ポストなどにカスタムテクスチャを適用することが可能になりました。

この際適用するカスタムグラフィックは、自分で作ることができるほか、ワークショップにてダウンロードすることもできます。

リングエディットの実際の画面はこのようになっています。

(コーナーマットには円柱・三角柱1・三角柱2の3種類がありますので、自分のリングに合ったものをお選び下さい。)

[画像データの対応拡張子]
.jpg, .png

[推奨画像サイズ]
・リングマット: 1024×1024
・垂れ幕 左: 1024×128
・垂れ幕 右: 1024×128
・コーナーマット: 1024×512
・ポスト: 1024×512

カスタムグラフィックの作成後は、適切なディレクトリーにデータを入れる必要があります。デフォルトでは以下の通りです。

・リングマット
\SteamLibrary\steamapps\common\Fire Prowrestling World\Decal\Mat
・垂れ幕 左、右
\SteamLibrary\steamapps\common\Fire Prowrestling World\Decal\Apron
・コーナーマット
\SteamLibrary\steamapps\common\Fire Prowrestling World\Decal\Cornermat
・ポスト
\SteamLibrary\steamapps\common\Fire Prowrestling World\Decal\Post

カスタムグラフィックを適用後は、そのグラフィックに合った色にリング色を変更することができます。例えば、以下の画像ではマット色をオレンジに、上下のコーナー色を白に変更しています。FireProWrestlingW 2017-10-27 17-25-31-23.png

作成したカスタムリングですが、もちろんワークショップにアップロードすることもできます。「エディットモード>ワークショップ>アイテムの登録>リングテクスチャ」の手順でアップロード可能です。

アップロードしたデータは、ワークショップ上では各パーツごとに管理され、カテゴリーによって自動的にタグ付けされます。

今回は以上となります!いかがでしたでしょうか。Steam Workshopを覗いてみるとお気に入りのカスタムリングが見つかるかもしれませんよ。

では、また次回お会いしましょう!
-デーブ・K

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中